高級シーツ・寝具通販のリネンカンパニー|ヨーロッパなどから高級シーツ・寝具をお届け

03-6277-0986
03-6277-0986

スタッフブログ

高級ホテルの寝具(シーツ)とは!?高級ホテルの寝具&インテリアについて種明かし!自宅のシーツを変えて快適な毎日を過ごそう!

皆さん夏休みに、ホテルでのんびりと過ごされるのはいかがでしょうか?
都会の喧騒から離れ、一流の高級ホテルでのひと時は日頃の疲れを癒してくれます。


憧れの高級ホテルでのひと時は、かけがえのない贅沢で大変心地よい瞬間です。
リッツカールトンやペニシュラン東京など一流ホテルでは、
お客様が心地よく過ごせるような工夫が施されています。
実は見えない工夫がされているのをご存知でしたか?
そんなホテルのインテリアや寝具の種明かしをさせて頂きます!
高級ホテルでは、ある法則をもとに寝具やシーツを選んでいるんです!


■まずはベッドルームの写真を見ながらコーディネートをご解説

1.パレスホテル
ホワイトカラーの掛け布団カバー(デュヴェスタイル)
枕(フェザーピロー)4個、円柱型のボルスター2個、
ベッドスローをアクセントにホテルらしいシンプルなコーディネイトです。


2.マンダリンホテル
ホテル式の掛け布団カバー(デュヴェスタイル)
枕(フェザーピロー)、円柱型のボルスター2個、プラス飾り枕が4個
飾り枕が多めのコーディネイトです。


3.リッツカールトン東京
ホテル式の掛け布団カバー(デュヴェスタイル)
シンプルに枕(フェザーピロー)が4個、プラス大き目のボルスター1個
足元の掛け布団カバーのベッドメイキングを隠すためか、大き目のベッドスローが掛かっているのが特徴的です。


4.東京ステーションホテル
ホテル式の掛け布団カバー(デュヴェスタイル)
枕4個(フェザーピロー)、円柱型のボルスター2個
濃いめの鮮やかなブルカーラーのスローがアクセントになっています。


5.コンラッド東京
ホテル式の掛け布団カバー(デュヴェスタイル)
枕4個(フェザーピロー)、円柱型のボルスター1個
典型的なホテルスタイルです。
濃厚な赤のベッドスローを置く事で、アクセントになっています。


6.パークハイアット
ホテル式の掛け布団カバー(デュヴェスタイル)
枕(フェザーピロー)4個
最もシンプルなスタイルです。


7.ペニシュラン東京
ホテル式の掛け布団カバー(デュヴェスタイル)
通常よりも大き目の枕(フェザーピロー)、大判のスローがアクセント。
掛け布団カバーは、ホワイトカラーに見えるのですが珍しくアイボリーカラーの市松模様です。
シンプルなスタイルです。


8.グランドハイアット東京
ホテル式の掛け布団カバー(デュヴェスタイル)
枕(フェザーピロー)が4個、飾り枕が2個。
ハイアット系はシンプルなスタイルが多く、ベッッドスローは使用していません。


■実際に使用されてるシーツや寝具は、どのような素材、サイズが選ばれるのでしょうか。

1.シーツ
ほとんどのホテルが、サテン織エジプト綿シーツを使用。
サテン織シーツとは、肌触りが滑らかでシルクタッチな風合いと質感が特徴のシーツです。
贅沢な質感をご実感頂けるため、いわゆる一流の高級ホテルで使用される事が多いです。
またコットンの中でも、高級な素材・エジプト綿を100%使用しているホテルが大半です。

2.羽毛布団
羽毛布団は薄めのタイプを使用。
ホテルでは空調が常に同じ温度で、構造が内廊下なので気密性が高く、
冬場はあまり寒くありません。
そのためオールシーズンの同じ羽毛を使用していて、薄目のタイプのものが多いのです。
皆さんがご自宅で使われているよりも、フェザーの混率も低めなのも特徴です。


>>羽毛布団はこちらから

3.枕
枕の素材はフェザー100%、サイズは50×70cmと大き目のタイプを使用。
クイーンサイズのベッドには枕が4個、セミダブルの場合は2個づつ設置。

ちなみにペニシュラン東京の枕(フェザーピロー)は、特注サイズです。
ベッドのぎりぎり端まである大きさです。
ここでポイントなのが、このデザインで作るとホテルライクなインテリを実現できます。
当店でもお客様のベッドのサイズに合わせて、4枚から特注サイズをお作りできます。

またリッツカールトンなどのホテルでは、お客様のお好みに合わせてお使い頂けるよう、
枕の硬さが違うタイプのものをそれぞれ置いているのも特徴です。
ソフトタイプとハードタイプの2種類を使用しています。
当店の5つ星の高級ホテルで使用している枕(フェザーピロー)も、ハードとソフトの2種類お取り扱いしております。


>>枕(フェザーピロー)はこちらから

4.ベッドボード(ベッドフレーム)
ホテルのベッドボード(ベッドフレーム)は備え付け、壁にくっついています。
ベッドボード(ベッドのフレーム)とボトム(マットレスをのせている台)は、
それぞれ独立しているのがホテルスタイルです。
ベッドボードは壁にくっついて、マットレスとボトムはベッドメイキングしやすいよう、
可動式の車輪が付いいます。
マットレスとボトムを壁にくっつける事で、ベッドフレームのようなデザインに仕上がります。
これはホテルのメイキング係が、ベッドメイキングを簡単にするためこのような仕様になっています。


4.ベッドメイキング
全てのホテルの掛け布団カバーは、ベッドより大きめ。
マットレスが隠れるようサイドは、垂れるようデザイン。

ベッドのマットレスからサイドが垂れるよう、掛け布団&掛け布団カバーは大き目のデザインで作られています。
ちょうどマットレスが隠れ、ベッドフレーム(ボトム)にかかるくらいのデザインがベストです。
また、ほとんどのホテルで足元部分をマットレスの中に、織り込んでベッドメイキングをします。


ペニシュラン東京だけは、織り込まず垂らしたデザインです。


当店ではホテル・旅館から個人のお客様までシーツ・寝具のオーダーメイドを承っております。
羽毛布団、掛け布団カバー、枕などお客様のご要望に合わせて特注サイズでお作りしています。

またホテルなど業務用を所望されいてる方へ、寝具のコンサルティング業務も行っております。
ご希望の方は、下記何なりとお申し付け下さいませ。

ホテルのお客様→お問い合わせはこちら
個人のお客様→お問い合わせはこちら

ミラベル・スラヴィンク

GRAN SUITE COLLECTION

リネン特集

ギフトラッピングのご案内

名入れ&刺繍サービス

20,000円以上で送料無料

新規会員登録

法人/大口取引サポート致します

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

平日11時~17時(お昼休みは除く)
24 時間、ご注文・メールでのご連絡は承っております。

9日(金)~14日(水)の7日間、夏季休暇とさせて頂きます。
オンラインのご注文は24 時間対応しております。

ページトップへ