高級シーツ・寝具通販のリネンカンパニー|ヨーロッパなどから高級シーツ・寝具をお届け

03-6277-0986
03-6277-0986

コンテンツ

シーツの素材について

素材について 厳選された最高品質の素材をお届けします

海外でのリネンの考え

100%ピュアシルクのイメージ

100%ピュアシルクとは

シルクは繊維の女王と言われています。

独特の光沢とやわらかさで見た目が美しいだけでなく、吸収性、発散性、保湿性と大変機能性も優れています。
また18種類ものアミノ酸を含むタンパク質からできており、自然界の物質の中で人間の肌に1番近い天然繊維です。
シルクは、保湿性に大変優れているため、美肌効果にも優れおりお肌を乾燥から守ります。
シルクは、シーツやガウンなどの寝具に大変おすすめです。

当店のシルク製品の特徴は、 100パーセントオーガニック(有機栽培)で育てられた長い繭糸を、機械ではなく手作業で作りだしております。


100シルクの5つの特徴

夏は涼しいです 冬は暖かいです お肌にやさしいです 静電気がおきにくいです シルクは安全です

シルク製品を選ぶ基準/Momme(匁数)

シルク製品は一般的にコットン製品で使われるスレッドカウントではなく、 Momme(匁数)という単位を使用します。
Momme(匁数)とは伝統的に絹の密度を測定するために使用される重量の単位です。
シルクシートのMomme(匁数)は 16から19までが非常に高品質なシルク製品とされ、 12よりも低いものは、商品としては適していない安いシルク製品として扱われます。
当店では最高品質19以上のMomme(匁数)と400のスレッド数を持つシルク製品をお取り扱いしております。

ページ先頭へ

エジプトコットンのイメージ

エジプトコットンとは

綿花の王様であるエジプトコットンは、コットン製品の中で最高級ランク綿花の代表格とされています。

世界のコットン生産量の僅か5%にしか過ぎない大変貴重な繊維です。
エジプトコットンは、品質を保つと言う面から収穫はすべて人の手で丁寧になされています。
人の手で収穫することにより機械では取り除くことのできない不純物を取り除くことができます。

エジプトコットンは、繊維長が長く、大変細いため、機械に巻き付き工場での取り扱いにも大変苦労します。
それゆえエジプトコットンの原料は常の綿花と比べ、米綿の5倍から400倍と、値段が高く主に高級な婦人ブラウスや紳士のYシャツなどに使われ、布団綿に使われることは殆どありません。
光沢のある贅沢な手触り感は絹と間違うほどです。吸収性が高く、強いのが生地の特徴です。

毛羽が立ち難くいため、普通の綿と違い繰り返し洗濯をしても繊維が痩せて所謂「よれよれ」になり難いのも特徴です。

リネンカンパニーでは、高級ホテルでも使用されるクラス以上の入手困難なエジプトコットンを使ったベッドリネンシリーズ(シーツ、ボックシーツ、掛け布団カバー、フラットシーツ、枕カバー等)を提供させて頂いております。
一度手にしていただくと、忘れられない寝心地となります。


当店取り扱いコットン製品について
コットン商品を選ぶ基準/スレッドカウントとは?

国際的に認められたエジプトコットン商標

egyptian cotton マドリッド協定議定書に基づく国際商標 このロゴは、2001年にアレキサンドリア綿輸出協同組合とエジプトの産業貿易省で、マドリッド協定議定書に基づく国際商標として登録されており、米国でもこのロゴを認定商標として登録。
その製品が100%エジプト綿を使用している事を証明するものとして、許認可を受けた製品にしか使用することができません。

このマークは100%エジプト綿のみで作られているベッドリネンとしての象徴的な証となるものです。


ページ先頭へ

100%ピマコットンシーツのイメージ

ピマコットンとは

ピマ・コットンは贅沢な繊維として世界中で珍重されていて、「カシミアのように高級なコットン」と称されています。

加工すると非常に滑らかで、シルクのような生地に変貌する繊維です。
ピマコットンは、栽培条件が難しく、綿が育つのに適した環境が非常に少ない希少価値の高い繊維です。
世界の綿花は、上から「超長繊維綿」「長繊維綿」「中長繊維綿」「中繊維綿」「短繊維綿」とランク付けされています。

ピマ・コットンはエジプトコットンと同じく世界の綿花生産量のたった1割にも満たない最高級ランクの「超長繊維綿」の一つです。


ページ先頭へ

コーマコットンシーツのイメージ

コーマコットンとは

上質な高級コットンとして知られているコーマ綿とは紡ぐ工程で、短い繊維や毛羽を取り除くために、 コーマという機械を通し、コーミング(=櫛がけ)をします。
コーミングをする事で、長い繊維が揃えられ、 毛羽立ちが少なく滑らかで丈夫な糸となり、 肌触りの良い、上質の綿糸になります。
コーマ糸は繊維が均一なため、糸むらが少なく、美しくつややかな光沢感があり、洗濯にも強く吸水性の非常に良いのが特徴です。


ページ先頭へ

オーガニックコットンシーツのイメージ

オーガニックコットンとは

世界のコットンの生産量の数パーセントと言われているオーガニックコットは、3年以上化学農薬・化学肥料が使われていない土壌で、化学農薬や化学肥料などを用いず、有機肥料のみで栽培されたコットンのことです。
認証されたもののみが「オーガニックコットン」と表示することができます。
通常のコットンの栽培には、非常に多くの化学薬剤が使われています。
世界の耕地面積のうち約2.5%がコットン農場ですが、殺虫剤の使用量で換算すると全世界で使用される殺虫剤の約16%(農薬では10%)もの量がコットンに使用されているというデータがあります。
オーガニックコットンは化学肥料の代わりに有機肥料を用い、除草剤の代わりに人の手による除草作業、殺虫剤の代わりに昆虫などの食物連鎖による害虫駆除を行い、刈り取りは茎や葉が自然に枯れる時期まで待ちます。
化学薬剤によって生産の効率、量を調節するのではなく、植物本来がもつ成長するエネルギーを大切にする農法です。

全世界でのオーガニックコットンの総収穫量は、まだまだ本当にごくわずかで、大変貴重で高価ですが、当店は厳しい審査を通ったオーガニック規格認証商品をお届けします。
またオーガニックコットンの中でも珍しい希少性のある超長綿を厳選しています。


オーガニックコットン認定規格

安全エコテックス規格認証 日本では食品でないコットンにはオーガニックに関する法律や規制はありませんが、欧米ではすでにオーガニックに関する法律があり、第3者認証団体により検査、認定が義務付けられています。
衣料品などの繊維製品に含まれ健康を脅かす恐れのある有害物質から消費者を守るため、繊維製品の安全性に対する統一の国際規格が、オーストリアの繊維研究所とドイツのホーヘンシュタイン研究所の協力により構築されました。
これが、エコテックス規格100です。欧州を中心に、国際的に有名な繊維技術研究所およびその支社を入れて19ヶ国にある研究所からなるエコテックス共同体が繊維製品に関わる広範な有害物質を検査します。
100以上もの厳しい統一規格検査が行われています。

エコテックスとは、繊維製品に含まれる「人体に有害な物質」の使用を禁止あるいは制限し、基準をクリアした製品だけに発給される、繊維製品の国際的な安全規格なのです。


体にやさしいオーガニックコットンシリーズはこちら


ページ先頭へ

フランネルコットンシーツのイメージ

フランネルコットンとは

フランネルコットンとは綿100%の生地に起毛加工が施された織物で、一般的には冬用のパジャマやベビー衣料などに多く取り入れられています。
化学繊維ではないため静電気が起きることもなく、敏感な肌の方などにも安心してご使用いただけます。
また起毛してあるため、「暖かく」、「肌触りが柔らかい」のも特長です。

化学繊維にはないフランネルコットンならではの優しさで体を包み込んでくれます。


ページ先頭へ

麻の素材イメージ

麻

麻は日本で昔から日常生活の場で人々に親しまれ愛用されてきました。ヨーロッパでは昔から、肌触りが柔らかいのに擦れに強いため、シーツなどとして使われてきました。
麻は天然抗菌効果が高く、通気性に優れ、乾きやすいのが特徴。肌に密着せずにサラッとしていて、麻に含まれる天然のペクチンには汚れをはじく効果もあります。
つまり汗や皮脂の臭いが付きにくく、雑菌の繁殖も抑制されるのです。夏の寝具としても最高の素材であることがわかると思います。


通気性が良く速乾性
天然繊維の中で最も通気性に大変優れ、汗を多くかいてもベタつく事がなく、また水分の吸水・速乾性に優れているので、洗濯もしやすい。
強度について
天然繊維の中でも最も強度が強く、水に濡れるとさらに一層強さが増すと言われています。洗濯回数が多くても安心。
接触冷感・涼感
天然繊維中、熱の伝導性が最も大きいので、熱を吸収して常に温度を低く保つため、ひんやりした肌触りなで、繊維の中で最も涼しさを与えてくれます。
抗菌防臭性
天然の抗菌防臭性を持つので細菌類が繁殖しにくく衛生的。

麻シリーズはこちら


ページ先頭へ

ミラベル・スラヴィンク

GRAN SUITE COLLECTION

リネン特集

ギフトラッピングのご案内

名入れ&刺繍サービス

20,000円以上で送料無料

新規会員登録

法人/大口取引サポート致します

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

平日11時~17時(お昼休みは除く)
24 時間、ご注文・メールでのご連絡は承っております。

ページトップへ